So-net無料ブログ作成

『あるある大事典』はマスメディアの縮図 [雑感]


 スーパーなどの店頭から納豆が姿を消したのは非常に困りものですが、
当の事件(ウェブ魚拓)のほうは、それほど騒ぎ立てるほどのものかなと
少々冷め気味に傍観しています。
 テレビ(特に民放地上波)の情報なんてどれも似たようなもの。 数年前くらいから色々判ってきて、そう思うようになってきました。

 なのに・・・昨日は事もあろうか、みのもんたがTBSの『朝ズバッ!』で、
『あるある大事典』を糾弾していました。

「言語道断」
「決して許すことのできない事件」
「私(みの氏)も『思いっきりテレビ』という番組やってたけど、
学会などからきちんとした情報を収集してした上で正しい情報を
届けていた」・・・等等

 ちゃんと見ていないので言葉は正確ではないけれど、
そんな意味合いのことを言い切っていました。

 「いいのかな、あんあこと言っちゃって・・・ 」

 あの手の番組は押し並べて、設定された結論があり、
逆行的にシナリオが作られているようです。
あとはその結論を支持してくれる科学的データと、
製作スタッフの注文通り素直に解説を加えてくれる科学者を
探して拾ってくれば、めでたく番組の完成です。(パチパチパチ!)

 明らかなデータ捏造などしなくとも、好みの結論を出すのは
たやすいことです。特に食品や栄養、ダイエットといった分野では、
よほど極端に影響を及ぼすものでなければ、・・・

有効であるという研究結果と、
有効でなかったという研究結果の
両者とも存在することは良くあることなのです。

 通常これらを判断するには、研究の詳細な計画を読み取り、
質を判定する作業が不可欠となりますが、
その工程を(意識的に)カットすれば、マスメディアが大衆を
情報操作する材料を得ることはとても簡単なのです。

 そういう意味では、番組として放送された結論の持つ信頼度は、
『あるある・・・』を含め、他の同種番組でもどんぐりの背比べです。
人気の高い番組ゆえに標的にされたのかも知れません。

 『捏造』というキーワードをあげて責任を一箇所に集中させることにより、
他の番組を相対的に擁護しようという思わくがあるのか、
という印象さえ受けてしまいました。

・・・そしたら、昨夜、「報道ステーション」で古館もコメントしていました。
でも朝から夜までの間に僅かな後ろめたさを業界が察知してか
最後の締めくくりは

「我々の業界全体のこととして、重く受け止めなければいけませんね」

というような大人な発言をしてました。

とはいえテレビの持つ大衆への影響力には脱帽です。 (あっ、私、テレビが嫌いというわけではありませんので。念のため。)

←気に入っても、気に入らなくても、くりっく!くりっく!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。