So-net無料ブログ作成

CT漫才 [医療]




 昨夜の深夜から本日未明にかけて、
新しいビルにできる医療施設にCT(コンピューター断層撮影装置)
という大型診断機器が搬入された・・・ハズです。
そこはこの春より今度私が勤務することになるところで、
現在建設中の高層ビルの7階です。
今回はそんな中でのちょっとしたエピソード。

 通常このような機械をビルなどに入っている施設に設置する場合、
エレベーターを使って部品を運び、機械を置く部屋で最終的な
組み立てをするのですが、もともとが大きな機械なので、
部品といってもかなり大きなものも含まれます。

 ビル自体の外壁構造はほぼ完成してからちょっとした問題が判明しました。

大きな部品がエレベーターには入りきらず、
通常の方法では運び込むことができないというのです。

 なんだか結構オバカな話ですけど、コレ、実話です。

 高層ビルなので窓が開閉できるものではないので、
マンションに大型家具を運び込むときのようにもいきません。
さあどうしましょう。

 昔、春日三球・照代という漫才師の持ちネタに
「地下鉄漫才」というのがありましたが、これと同じ状況ですね。

 まあ答えはそれほど奇想天外でもないのですが、
窓ガラスを外してクレーンで運び込むことにしたようです。
ただ、高層ビルの窓ガラスですから、大きさや重さも結構なものだし、
外がバルコニーになっているわけではないので大変です。

 窓の取り外し等の作業だけでなんと
200万円もかかってしまったということでした。

 こんな作業を真冬の深夜にやるのですから、
作業する人たちにも少し同情してしまいます。
ただ、もしこれが大掛かりな泥棒だったとしたら・・・
多くの人が見ていても、まさか犯罪とは思わないでしょうね。

悪いことをするときは堂々としたほうがバレにくい、という言葉もありました。

ディーラーから車をクレーンで盗難する事件はこのあたりの
盲点を突いているのでしょう。
外車ディーラーのひとがそんな話をしていたのを、
ふと思い出して話がそれてしまいました。

さて、・・・無事に終わったのかな?

因みに、地下鉄の正しい入れ方はコチラ(ウェブ魚拓)を参照

←ついでで結構なので、押してみて!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

蛾次郎改め源公

むかし、元ドリフターズの荒井注がカラオケボックスを始めようとしたとき、入口が狭くてカラオケの機械が入らず、営業をあきらめたことがありましたね。
by 蛾次郎改め源公 (2007-01-23 00:18) 

あいあい

ある自動車工場では、納入された機械が入らず、建物の柱をけずったそうです。どうしてそんな機械を発注したのか。。。でも、結構こんな話はあるんですね。
by あいあい (2007-01-23 11:06) 

ジョー司

荒井注ね、ああ、何となく憶えてます。
地下鉄ネタは源公さんのお株でした・・・ね。

あいあいさんは、買ってきた収納グッズが上手く収まらない、
なんて経験、ありませんか?

昔買ったズボンにお尻が入らない・・・ちょっと違うか。
by ジョー司 (2007-01-23 17:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。