So-net無料ブログ作成
検索選択

飛行機と音楽のクリスマス [家族]

   

 音楽クリスマスはいいとして、なぜ飛行機なのか?という疑問、沸きますよね?
沸くんです。沸いてください。
 23日はいい天気でした。クリスマス・イブイブだし♪(天皇の誕生日デス)、連休で余裕もあるのでどこかへ出かけようということで、当日発案(思いつき)の
成田へ行って子どもに飛行機でも見せようか計画”を実行してまいりました。 千葉から成田空港までは混んでなければ一般道でも一時間足らず。成田には飛行機を観るための秘密スポットがあるんです。


航空科学博物館です。
http://www.aeromuseum.or.jp/


 国際空港の隣にあって飛行機も見れる博物館という説明を聞くと、結構な人気スポットかな・・・と思いきや、もともと空港自体が畑の中にあるようなものだし、空港の入り口からは反対側に位置するため、足を運ぶ人はそれほど多くなさそうです。入館料500円というのも、「えっ?入場だけでお金取るの?」と思いたくなるようなちょっと貧相な風貌ですが、折角来たからには入るしかありません。

 さてしかし、この日はラッキーが重なりました。まず入場がその日400人目ということで特別のクリスマス・プレゼント(2時頃の入場でした)。それに加えて管楽五重奏のミニ・コンサートを楽しむことができました。飛行機の模型や機器展示に囲まれての生演奏はちょっとミスマッチな感じもしますが、ウェブサイトを見ると年に何度かこのようなイベントをやっているとのこと。始まってみると、意外と空間に溶け込んでいました。客席も少ないので間近(最前列)で見れます。5日前に2歳になった息子は音楽が結構好きで、1時間弱のあいだじっと食い入るようにステージを見つめていました。最後にお願いして記念写真を一枚。いい思い出になるかな?

 さて、生演奏も良かったのですがここの目玉は何といっても”生飛行機”。ここは4000メートル滑走路の外れにあるため、着陸してくる飛行機の様子を真下に近い角度から見ることができます。3階の屋外展望台もいいですし、5階では離発着便のリアルタイム解説もついていて、遠い異国に想いを馳せることもできます。結構マニアもいるかも、という雰囲気でした。

 ウェブサイトの解説によると、この博物館は成田空港開港に当り、地元芝山町の要望の一つとして運輸大臣に提出されたものとのこと。ひっそりとした場所で比較的小規模な理由がそんなところにあるのかもしれません。ただ、こういうちょっと穴場的なスポットは結構記憶に残るので、いつまでも維持してもらいたいなと思います。

 予想外のイベントに息子も興奮気味の一日でした。


ランキングに参加しました。記事が気に入ったらクリックを!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。